ANAマイルのBJ

飛行機に乗らず、毎月2万マイルを稼げる方法を紹介するブログ

2016年は飛行機界で最も安全な年の1つでした

5月にエジプト航空が飛行機を失ったことや、11月にブラジルのサッカーチームが乗っていたラミア航空のジェット機の事故にもかかわらず、2016年は飛行機で最も安全な年でした。
 

f:id:shinjuku-shirane:20170111080346p:plain

 
 

 

【スポンサーリンク】

 

 

エミレーツの事故

 
世界中では、民間旅客機を含む致命的な事故が5件しかありませんでした。その上、エミレーツ航空の飛行機がドバイに上陸した際に消防士が火災に遭遇した。乗客の全員が生き残った。ソマリアの飛行機での機内爆弾テロの事件でテロリスト自身だけが殺されました。
 
ハーグを拠点とする国際航空コンサルタント(to70)は、7つの致命的な事件で271名の死者を計算している。さらに、64機の航空機が人命を失うことなく衝突に関与していた。
 
to70のシニア航空コンサルタントであるアドリアン・ヤングは次のように述べています。「一つだけの事故はもう多すぎますが、そのような低い事故率は航空安全基準の有効性を示しています」。
 
「エミレーツ航空の乗客と乗組員の生存は、優れた航空機設計基準と機内乗務員や消防士の対応能力を証明するものです」。
 
 

LaMiaジェットの事故

 
2016年の最悪の事故は、11月28日にコロンビアのメデリン市の近くで燃料を使い果たしたLaMiaのジェット機が関与していたことです。ボリビアのサンタクルーズから飛行機に乗った71人の犠牲者の中には、トップブラジルのサッカーチームであるチャペコエンスのチームのほとんどが乗っていました。RJ85通勤航空機は、燃料貯蔵量の通常の限界を超え、航空機の範囲の極端なところで作動していました。
 
ヤング氏は次のように述べています。「LaMia便2933の燃料枯渇事故は、運航者と乗組員の意図的で安全でない行為のように思われるため、追加の規制は必要ありません」。
 
しかし、彼は次のように警告した。「違法な干渉による事件の数が懸念される」。
 
2番目に高い死者の事件は5月19日で、エジプト航空のエアバスA320が地中海に降りたときに66人が死亡した。パリからカイロへ804便の犠牲者の身体に爆発物の痕跡が発見されたことが報告されていた。
 
このような出来事は、ヤング氏によると、「航空機の安全性から空港の安全性への改善努力を推進する説得力のあるケース」と述べている。
 
 

過去年の飛行機事故

 
2年前の死者数は非常に高かった。 2015年にはシャルム・エル・シェイクからロシアのサンクトペテルブルク、224名の死者を出したメトロジェット飛行、バルセロナからデュッセルドルフへのジャーマンウイングのフライトで471名が死亡した。アンドレアス・ルビッツ氏はエアバスA320をフランスのアルプスへ墜落させて、全人が死亡した。
 
2014年には、864人が5回のクラッシュで死亡しました。死亡者数は、特に2つのマレーシア航空777機が墜落したために高かった.MH370は運命は未知であり、MH17はウクライナ東部のミサイルによって墜落した。
 
 
ソース:英国の新聞のIndependent

www.independent.co.uk

 

【スポンサーリンク】
 

 

2017年の飛行機業界のスタート 

 

2016年が終わって、2017年が始まりました。2016年は先ほど書きましたようにとても安全なでした。すくなくとも飛行機業界としてはそうでした。2017年にはまだ大きな事故がありませんが、アフリカにあるモザンビークの空港でジェット機とドローンが衝突してしまいましたというニュースがありましたので、以下の記事をこちらに追加しました。

 

モザンビークのTET空港でドローンはボーイング737と衝突

 

その飛行機には80人の乗客と6人の乗組員が乗っていたが、怪我は報告されていない。しかし、飛行機の胴体に損傷を受けていた。

 

マプトの首都の約930マイル北に位置するモザンビークのChingozi空港(TET)で飛行機と無人機が衝突した。

 

事件は木曜日にLinhas Aéreasde Moçambique(LAM)が運営するボーイング737-700が下降してTETに上陸したことで発生した。ラム・フライトTM136は、マプトに出発し、80人の乗客と6人の乗組員が乗っていた。

 

事件の結果、怪我は報告されず、飛行機は安全に着陸することができたが、LAMは声明をもとに乗組員がドローンの打撃を聞いたことを確認した。

 

英国の新聞のミラーによると、航空会社は衝突の瞬間に、乗組員は、飛行機が外部の物体と接触した可能性を警告したが、通常の行動を妨害しなかった。

 

モザンビークの旗艦航空会社はまた、胴体の右側と鼻ドームの亀裂に遭遇したことを着陸後検査で確認した。

 

飛行機の写真はすでにオンラインで流通しており、一般の方々はソーシャルメディアチャンネルを介してその場でショックを表明している。

 

無人機の所有者の居場所まだ不明、飛行機の空域内にどのように入れたかは正確にはわからない。

 

ソース : 

www.flyertalk.com

 

関連記事

 

 

【スポンサーリンク】