ANAマイルのBJ

飛行機に乗らず、毎月2万マイルを稼げる方法を紹介するブログ

米国とトルコはお互いの国民のためのビザ・プログラムを再開

年末のグッドニュース。アメリカとトルコはお互いの国民のビザを再開しました。


f:id:shinjuku-shirane:20171011220322j:plain


今日、アメリカがトルコ国民用のビザ・サービスを再開されました。米国はトルコ政府から、トルコの米国代表団の従業員は誰も捜査されていないとの保証を受けていると主張しました。トルコ政府もビザサービスをすぐに復職したようですが、喧嘩が続いています。


一方、米国市民は米国の大使館、オンライン、到着時にトルコのビザを申請することができます(トルコのeビザ・ウェブサイトがすでに更新され、アメリカ人が再び適用できるようになった速さは驚く)。


しかし、この外交紛争が完全に終わっていないように見えます。 CNNは、アメリカのトルコ大使館は、米国はトルコ政府からの保証を受けていると言って国民に誤った情報を伝えていると述べています。


このストーリーの背景として、成り行きを以下に説明します。


米国とトルコはお互いの国民のためのビザ・プログラムを両方とも直ちに無効にしました。これにより、暫くの間に両国間のすべての移動が事実上停止されています。この動きは、米国領事館の従業員がイスタンブールで逮捕された後、最初に米国によって行われました。トルコ政府はアメリカ人のためのすべてのビザを無期限に禁止することで迅速に対応。

 

時点ではトルコ人は観光やビジネスのために米国を訪問することはできません。トルコ市民に付与される唯一のビザは移民のためのものです。トルコは同じようにすべてのビザを禁止しています。

 

 

米国へのフライトはまだトルコ航空で提供されています。しかし、これらのフライトは間もなくキャンセルされる予定です。米国にはトルコに直接サービスを提供する航空会社はありません。