ANAマイルのBJ

飛行機に乗らず、毎月7万マイルを稼げる方法を紹介するブログ

ボーイング747は死なない!

f:id:shinjuku-shirane:20180109203412j:plain

 

米国の航空会社は世界初のジャンボジェット機を既に完全に撤去したが、世界中の航空会社は長距離路線でも乗客をその目的地に運ぶためにボーイング747に依存し続けている。

 

2017年の閉幕日にデルタ航空は、ボーイング747の最後のフライトを行った。ユナイテッド航空の「空の女王」引退ツアーのように、歴史の中ではじめてのジャンボジェット機の最後の別れ便が、航空マニアのための大変人気な記念品となった。

 

但し、実は最後の1回の旅で747号に別れを告げるチャンスはまだまだたくさんある。米国の航空会社は747の旅客サービスを提供しなくなっているが、世界中の他の航空会社はまだ定期的に747便の便を引き続き提供している。

 

 

一つの例はブリティッシュ・エアウェイズ。彼らはボーイング747機の世界最大の運航会社である。英国の旗艦会社は、最速の商業用ジェットライナーを使用して、BAの広いルートマップで200以上の目的地に対応している。

 

バージンアトランティック航空は、「新しく改装された」747-400機を誇示している。この航空会社は、ロンドンガトウィック空港(LGW)、マンチェスター空港(MAN)、グラスゴー空港(GLA)、ベルファスト国際空港(BFS)の象徴的なジャンボジェット機でサービスを提供している。

 

エアチャイナはまだボーイング747-40010機を運航しているが、長距離路線ではさらに新しい747800機を運航している。同様に、ルフトハンザは19機のボーイング747-80013機のボーイング747-400を持っている。KLMは、最終的にボーイング747のジャンボジェット機を退役させる計画を発表したが、オランダ航空は、最近、ビジネスクラスの最新のキャビンで747-400機を改装した。

 

 

但し、エア・フランスや米国の航空会社が747から離れたことで、近年公認されていた乗客飛行機の生産がまもなく終了する可能性があると公式に推測している。 

 

747機が将来を見通すならば、航空機は人よりも貨物運送のためによく知られるように見えるだろう。 201610月に28台の新しい747-800機を購入するためのUPSとの合意により、747組立ラインが良好に閉鎖されるのを防ぐことができた。

 

 

米国の航空会社は現在、メードインアメリカのボーイング747を提供しないが、依然としてほぼ独占的に747のジャンボジェット機で飛行を続けているアメリカ人は少なくとも1人いる。

 

ボーイング747-800は、今後数年間も米国大統領が使用する飛行機になり続けまる。