ANAマイルのBJ

飛行機に乗らず、毎月2万マイルを稼げる方法を紹介するブログ

エアバスはA380生産を終了する?

乗客の観点からA380の乗り心地が大変良いですが、残念ながらほとんどの航空会社は私たち乗客と同じようにA380を考えていなようです。 

 

f:id:shinjuku-shirane:20171231221009j:plain

 

A38010年以上前に最初に導入されたとき、多くの人々は、空の旅の世界的な需要が増え続け、空港がより混雑していく中で、結局は空中で最も人気のある長距離飛行機になると考えていました。

 

 

しかし、そうではありませんでした。約12の航空会社がA380を運航していますが、A380を数多く導入している唯一の航空会社はエミレーツです。すでに100台を持ち、数年以内に142台になります。これで、エミレーツ航空は世界のA380の約半分を運航しています。ちなみに、シンガポール航空は既にA380の機材を引退したことがあります。

 

A380の代わり、多くの航空会社はエアバスA350やボーイング787のような、より効率的で低容量の航空機を選択しています。その為に、長年にわたり、A380の生産終了に関する噂がありました。

 

ロイター通信は、エミレーツ航空がA380を更に数多く注文しない場合は、エアバス社はA380を段階的に廃止する準備ができていると報じています。

 

 

「エミレーツとの新たな契約がなければ、エアバスはA380生産を終了するプロセスを開始する」とエアバスの関係者は述べていました。このような動きは、需要が乏しいため論理的だと加えました。

 

そして、いかなるシャットダウンも徐々に進んでおり、エアバスは主にエミレーツの受注を得ています。ロイター通信の分析によれば、現在の生産率では、今後10年まで生産が続く可能性が高いです。