ANAマイルのBJ

飛行機に乗らず、毎月2万マイルを稼げる方法を紹介するブログ

母乳を汲み上げる場所が拒否された後、航空会社は乗務員に和解を認めた

乗務員が母乳を汲み上げる場所がなく、精神的苦痛と弁護士費用のために航空会社から3万ドルを受けて和解しました。

 

f:id:shinjuku-shirane:20170915165308j:plain

 

 

デルタ航空の子会社であるエンデバー航空の乗務員は2015年に痩せていた乳幼児のために母乳を汲み上げました。乗務員が仕事に復活した時にジョンF・ケネディ国際空港で唯一のプライベートエリアは第2ターミナルにあり、彼女が仕事でよく利用している第4ターミナルから約25分に離れていました。

 

授乳や搾乳をする女性は23時間ごとに母乳を出す必要があります。このプロセスには最大20分かかり、ミルクが流れるチューブやフランジをクリーニングする必要もあります。

 

ニューヨーク市人権委員会によるとエンデバー航空はより密接な空間の要求を否定した為、ニューヨーク市人権法に違反したと述べました。航空会社は第4ターミナルの家族トイレまたは共同スタッフラウンジを使用するように提案したようです。これに対して33歳の彼女は母乳の生産が減り、母乳の流れが中断し、睡眠に苦しみ、ストレスを引き起こしたと証言していました。

 

3月にエンデバーエアー航空は乗務員と和解し、感情的苦痛のために2万ドル、弁護士費用の1万ドルを支払いました。人権委員会は最大25万ドルの罰金を科し、犠牲者に金銭的損害賠償を与える権限を持っています。