ANAマイルのBJ

飛行機に乗らず、毎月2万マイルを稼げる方法を紹介するブログ

飛行機に乗って携帯を機内モードに設定しない場合は本当に何が起こるか?

飛行機に乗った時は飛行中にパイロットと乗組員が礼儀正しく行動し、あなたが行きたいところにあなたを連れて行くことを期待すると思います。その代わりに乗務員はあなたの携帯電話の電源を切るか、機内モードにするなど、立ち上がらず座席に座ったりすることを要求します。しかし、Wi-Fiが機内で利用できるようになった今の時代では携帯電話を機内モードにする必要が本当にありますか?

 

f:id:shinjuku-shirane:20170808221704j:plain

 

実際のパイロットに聞くとその答えはYESになります。乗客の携帯電話はパイロットに危険をさせるのはありませんが、迷惑になります。

 

そして機内モードに設定しない乗客が増えれば、もっと迷惑になるでしょう。だから、電話機の設定を忘れる一人か二人のは大丈夫ですが、飛行機に乗っている50人が電話機を機内モードに設定しないと音が大きくなり、迷惑になることがあります。

 

携帯が機内モードに設定されていない時はパイロットと航空管制官が聞こえる電波干渉から、電話機がオーディオシステムに近づくとどうなるかのように聞こえてしまいます。それは必ずしも安全上の問題ではありませんが、あなたをあなたの目的地に導こうとしている人々には大変な迷惑になります。

 

このノイズは最大電力でセルタワーに接続しようとしている携帯電話から由来します。これとは対照的に機内Wi-Fiサービスが提供されている場合は近くのセルステーションからの電力がより少なくなります。これはパイロットと乗組員にとって迷惑な音を引き起こしません。

 

結論として、乗客がパイロットの仕事に邪魔をしたくない場合は携帯電話を機内モードに設定することをお勧めします。