ANAマイルのBJ

飛行機に乗らず、毎月2万マイルを稼げる方法を紹介するブログ

赤ちゃんが飛行機で泣くのを止めるANAの計画

飛行機なか乗って、多くの乗客が不快感を感じる1つは泣いている赤ちゃんと一緒に飛ぶことです。その時、決して、赤ちゃん自身もあまり嬉しい気分になっていないと思います。現在、全日空はすべての乗客が幸せになるための調査を行うことで、赤ちゃんの乗客を支援しています。

 

f:id:shinjuku-shirane:20171007075725j:plain

 

 

全日空と他の日本の3社は悲鳴が始まる前に、NTTと東レが開発した特別な装置を使って、脈拍や精神状態を判断しました。

 

赤ちゃんの胸に取り付けられたスマートフォンに接続されたデバイスを使用し、大変なことになる前に騒ぎの兆候を見ることができました。彼らは赤ちゃんに麦わらやカップで液体を飲ませて、耳の圧力を和らげるのを助けました。

 

 

フライトでの耳の圧迫による痛みは特に離陸時や着陸時にすべての年齢の乗客に共通です。赤ちゃんと小さな子供たちは助けても圧力を感じる為、小さな子供たちがいる多くの家族は、子供が少し年を取るまで飛行を控えます。

 

また、これはなぜ小さな子供たちが航空会社の乗客のごく一部だけを占めるのかも説明になります。 ANA3歳未満の乗客は全体の約1.6%の乗客であることを報告しています。