ANAマイルのBJ

飛行機に乗らず、毎月2万マイルを稼げる方法を紹介するブログ

障害のある旅行者が航空会社から差別受けている事実

Jenny Gumbrell氏はニュージーランドへの旅行からイギリスに戻って以来、いつも通りに働くことが出来なくなりました。彼女の飛行機がガトウィック空港に到着した時、彼女はポータブルモビリティスクーターが明らかに高い所から落とされていることを発見しました。それは経済的修復を超えて、多発性硬化症を持っている彼女はエミレーツ航空に交換機を払うよう説得するために無駄に戦ってきました。

 

f:id:shinjuku-shirane:20170917111614j:plain

 

「私はタクシーを払わなければ家を出ることはできない」とGumbrell氏は言う。 「私の状態だからスクーターは私に独立感を与える」。

 

Gumbrell氏の窮状は障害を持つ旅行者に関わる航空法の不備を浮き彫りにしています。航空会社は荷物が紛失または破損した場合に乗客に最大約17万円を支払う義務があります。閾値は国際線の補償規則を調和させるモントリオール条約によって1999年に設定されました。

 

活動家は衣類のスーツケースの紛失とないと生活が出来ない車いすの違いを区別することがされていないため、一部の乗客が差別される状態になっていると主張しています。

 

Gumbrell氏のケースではも最終的にエミレーツ航空が提供した15万円は新しいスクーターの30万円のコストの半分以下をカバーし、エミレーツが専門的に評価しなければならないと主張した場合、傷ついた車両を宅配業者に支払う義務がありました。さらに、航空会社が申し出をするまでには4週間の追跡が必要でした。

 

エミレーツ航空はGumbrell氏がThe Observer新聞に連絡した後、最終的に新しいスクーターの全費用を調達することに同意しました。