ANAマイルのBJ

飛行機に乗らず、毎月2万マイルを稼げる方法を紹介するブログ

乗客はパイロットがトルコに飛ぶのに「恐れていた」と主張する

南ドイツで怒っている顧客はシュツットガルトからトルコのアンカラへの飛行が政治的な恐怖のためにキャンセルされたと言います。航空会社はこれを否定していますが、ボイコットを求めている乗客もいました。

 

 f:id:shinjuku-shirane:20170918221836j:plain

 

パイロットがトルコに飛ぶのが怖かった為、シュツットガルトからアンカラへ飛ぶ予定のEurowingsフライト4U2904がキャンセルされたという噂が広がりました。Facebookに投稿された写真はフライトが離陸しないと知らされた後、シュトゥットガルトのEurowingsカウンターで不快な乗客を示しました。シーンに呼ばれた空港警察も画像に見られます。

 

日曜日の午前130分に航空会社が公表した公式説明は「乗組員の突然の病気」のために飛行がキャンセルされたことでした。ユーロウィング航空はその情報をDW新聞への電子メール・ステートメントで確認しました。

 

パイロットの1人が病気で呼ばれたためフライトが中止になりましたとユーロウィング航空は書いています。 「これは短期間で起こったため、残念ながらこの飛行の代替パイロットを活動化することはできませんでした」。ユーロウィング航空は今月55回にトルコに飛行し、この期間中は今回のみがキャンセルされたと付け加えました。

 

しかし影響を受けた人は別の話をします。乗客の1人は航空会社関係者はパイロットの政治的懸念のために飛行がキャンセルされたと言っていました。別の乗客はドイツの公共放送局ARDに同じことを話されたと語りました。

 

 

先日にトルコ政府がジャーナリストや人権活動家を投獄したことに対応して、ドイツ政府はトルコ旅行に関連する「高い危険レベル」をドイツ国民に警告しています。 Eurowingsの親会社であるルフトハンザで働くパイロットは正しく任務を果たすことができないと感じる場合は自分自身が「飛行することができない」と宣言することができます。