ANAマイルのBJ

飛行機に乗らず、毎月2万マイルを稼げる方法を紹介するブログ

ハワイアン航空はANAと縁を切り、JALと連携を発表

ハワイは日本から非常に人気のある観光地であり、両方の島の間の毎日の飛行は驚異的です。たとえば、東京とホノルルの間にはANA、チャイナエアライン、デルタ航空、JAL、大韓航空、ユナイテッドの便があります。そして、ANA、ハワイアンおよびJALは毎日3回運行しています。  

 

f:id:shinjuku-shirane:20170927222119j:plain

 

 

ANA2019年に3つのA380を導入する予定で、日本とハワイの間でのみ使用する予定です。最初のA380のデザインをハワイの幸運と繁栄の象徴である巨大なハワイのウミガメで描いています。

 

ハワイ市場で運営されている航空会社間のパートナーシップについては興味深い挑戦のニュースがあります。今までハワイアンとANAはパートナーシップを結んできました。それは大変強いパートナーシップではありませんでしたが、彼らはコードシェアを持っており、相互マイルの獲得と利用のは可能でした。さて、ハワイと日本の旅行のためのより包括的なパートナーシップかま近づいています。但し、ANAは含まれていません。

 

ハワイアン航空と日本航空は2018325日からパートナーシップを開始を発表しました。その一環として、2つの航空会社は両航空会社のルートネットワーク内でスケジュールの調整、相互便益の提供、地域便のコードシェアを計画しています。

 

JALのお客様は札幌とホノルル間の直行便を含め、ハワイの広大な近隣諸島と日本ハワイのネットワークに無制限にアクセスできます。

 

ハワイアン航空は名古屋、福岡、仙台、青森を含むJALの国内ネットワークに完全にアクセス出来ます。 

 

ハワイの日本からハワイへのフライトは日本航空の100%子会社であるJALPAKの新しいオプションとして提供される予定です。

 

JALマイレージバンクとハワイアンマイルズ会員はコードシェア便でマイルを獲得することができます。マイル積算および利用については後で発表予定。

 

乗客は両方の航空会社のラウンジにアクセスでき、ハワイアン航空が東京成田空港の第2ターミナルへの移転を完了すると、各航空会社の乗客は各航空会社のネットワーク間をシームレスに移行することができます。