ANAマイルのBJ

飛行機に乗らず、毎月2万マイルを稼げる方法を紹介するブログ

知りましたか? 中国の人権活動家が成田空港で生活を送っていた

中国政府は中国の人権活動家を200911月に中国への再入国を阻止した結果、彼が成田国際空港に止むを得ずキャンプアウトしていました。

 

 f:id:shinjuku-shirane:20170808215741j:plain

 

 

上海を拠点とする活動家であるFeng Zhenghuさんはセキュリティチェックの近くのソファーで寝ていて、旅行者が彼に与えられた食べ物と水で生き延びていたと語りました。

 

日本に住んでいて日本人と結婚している妹の鈴木夏樹さんは、彼が4月に日本に来たと説明。それ以来、彼は8回中国に戻ろうとしましたが、毎回拒否されました。

 

4回は航空会社を搭乗を認めず、そして今月を含めて4回上海の浦東空港まで行けましたが、そこに中国当局は彼の入国を拒否して東京に戻しました。

 

"私は中国に帰りたい、私は日本に留まる理由がない"Feng Zhenghuさんが電話インタビューで伝えました。彼は空港にどれくらいの期間滞在するかを言いませんでした。

 

池田氏によると、日本の当局者は強制的に空港から追い出せることができないという。

 

アムネスティ・インターナショナルはFeng Zhenghuさんを中国で著名な人権擁護家と呼んでいます。 2001年に彼は "違法な事業活動"のために3年間の懲役刑を宣告されました。 2004年の彼のリリース以来、Fengさんはロンドンに拠点を置く権利団体による2009年の報告書によると、地方政府による強制不法行為と強制退去を強調する重要な記事を書いていました。

 

 

止むを得ず数ヶ月日本に住んでいた後、201028日にFengさんは上海に戻る計画を公表しました。 2010212日、旧正月の2日前に成田から上海への飛行に成功し、中国に入国しました。その後、彼は逮捕され自分の家を出ることを拒否されました。彼の家は、亡命強制執行猶予から10回以上暴行され、電話と13台のコンピュータが押収され、身体的暴行を受けた彼は医学的処置を拒否されているため、膝や脊髄の傷害を持っていました。