ANAマイルのBJ

飛行機に乗らず、毎月2万マイルを稼げる方法を紹介するブログ

機内エンターテイメントシステムは廃止すべき?

f:id:shinjuku-shirane:20180108124103j:plain

 

飛行機の座席がまだ縮小している飛行機のエンターテイメント(IFE)システムが去年の残骸で消え去っている2018へようこそ。

 

 

厳密には操作上の観点からは、画面を切り取るのは良い動き。設置費用は最大$ 10,000(座席あたり)。航空機の重量を増やし、シートのサイズを増やし、すべての技術と同様に、ほぼ即時に廃止される。

 

「一部の航空会社は、ハードウェアを取り外すことでコスト削減の観点からこれを検討している」とAtmosphere Research Groupの共同設立者であるHenry Harteveldt氏はThe Starに語った。 「彼らは航空機の重量を減らし、その装備の維持に伴う費用を削減する。」

 

ユナイテッド航空とアメリカ航空の両方は、旅行者が自社のデバイスからストリーミングできるコンテンツを提供する代わりに、画面を段階的に廃止するよう努めている。

 

 

しかし、エア・カナダはそれを違う観点で見ている。この航空会社は、機内エンターテイメントシステムを維持するだけでなく、それらを強化する予定もある。カナダの航空会社が使用する最新のシステムは、以前よりも15の言語と優れたインターフェースを備えている。

 

エア・カナダのコーポレートコミュニケーション・マネージャー、ピーター・フィッツパトリック氏は、「The Star」に語った。「コンテンツの多様性を含め、顧客がこのようなアメニティを気に入っていることはわかっている。 「まもなく、乗客は私たちのIFEから自分のデバイスにビデオとオーディオをストリーミングできるようになるので、私たちのIFEとパーソナルデバイスは相補的だと考えている。