ANAマイルのBJ

飛行機に乗らず、毎月2万マイルを稼げる方法を紹介するブログ

欧州人権裁判所:ロシアの空港で起こった拘禁は人権法違反

欧州人権裁判所(ECtHR)は20161011日にロシア政府が政治活動家で有名なチェス選手であるギャリ・カスパロフの人権を侵害し、欧州人権条約第5条及び第11条に書いてある人の自由と安全と組合の自由に違反したと判決。カスパロフ氏は20075月にモスクワの空港で不法に拘束され、ロシアのサマラ市でのデモに参加できないと主張しましたら。


f:id:shinjuku-shirane:20170809222451p:plain

 

ECtHRの決定は大事な時に起こっています。ロシアの指導者に反対する多くのジャーナリスト、権利擁護派、政治家、告発者は投獄、名誉毀損、死亡のリスクに直面しています。 10年以上にわたり政府を非難してきたカスパロフ氏は20074月のモスクワでの政治デモで当局が彼を逮捕した時、ロシアは彼の権利を侵害したとECtHRが判断しました。

 

カスパロフ氏によると、空港でチェックインの際に警察官は彼の航空券とパスポートを没収し、警察に護送及び数時間拘留されました。その時に彼が尋問されていてら武装した警備員が彼の出国を阻止しました。

 

これと正反対にロシア政府は、カスパロフ氏のパスポートを没収したり、5時間拘留したり、出国を阻止したりしなかったと述べました。

 

ECtHRは最終的に欧州条約第5条に基づく、ロシア政府がカスパロフ氏の自由に対する権利を侵害することを判決しました。ECtHRはカスパロフ氏が提出した書類や具体的な情報は政府からの証拠の欠如を踏まえて、カスパロフ氏の主張は政府よりも信憑性が高いと判断しました。

 

さらにECtHRは欧州連合条約第11条に従って、政府がカスパロフ氏の平和的組合への権利を侵害したと結論付けました。