ANAマイルのBJ

飛行機に乗らず、毎月2万マイルを稼げる方法を紹介するブログ

人権団体は人権侵害を起こしているカタール航空のボイコットを求める

低賃金の移住労働者を虐待したカタール政府の歴史を考えるとこのボイコットは驚くべきことではないはずです。しかし、米国の航空会社もこのキャンペーンを支援するのは驚くことではありません。

 

 [:contents]

 

カタールと人権

 

人権団体は2022年ワールドカップの開催に向けた小さな国に焦点を当て、中東に行くときに旅行者にカタールの国有航空会社の飛行を避けることを望んでいます。ワシントンを拠点とする労働者団体は国と航空会社による人権侵害だと主張しているため、カタール航空のボイコットの推進を強化しています。

 

カタール航空は豪華なサービスと新しい航空機の機材で知られ、世界で最も急速に成長する航空会社の1つです。今年はボストン、アトランタ、ロサンゼルスを含むいくつかの主要な米国都市からサービスを開始しました。これらの都市ではAWAREという団体は、カタール航空のボイコットを促すために、ビルボード広告、雑誌記事、ソーシャルメディアを使ったパブリックキャンペーンを実施しました。

 

同グループはサッカーワールドカップを開催する準備が整い、カタールのスタジアム、道路、ホテル、その他のインフラを建設している大勢の移民労働者の女性権利と同性愛者権利に関する不十分な記録と貧しい労働条件の報告を挙げています。今年のアムネスティ・インターナショナルの報道によると、移住労働者は、賃金が没収され、数カ月間保留され、没収されていました。

 

カタール航空で人権問題

 

バラク・オバマ=ジョー・バイデン大統領移行チームに就任し、ボイコットの主催者である政治コンサルタントのプログレッシブ・アクティビストのマイク・ラックス氏は、カタール航空が従業員を厳しく管理し、同社はこれらの「会社の町」を離れることを許していないとしています。同社には、女性に対する差別犯罪の記録もあり、結婚したや妊娠した労働者は首になったりされています。

 

「旅行者に知ってほしいのは、この航空会社とそれを支配する国が労働者の搾取に基づいて建設されていることだ」とラクス氏は語りました。 「カタールでは人権侵害が深刻で、人権侵害の一部は航空会社自身によって行われ、その多くは航空会社を所有し、それを支配する国によって行われていると理解してほしい」。

 

カタール航空はボイコットにコメントすることを拒否しました。

「カタール航空は、性別、セクシュアリティ、信教、国籍に基づいて差別を受けていない、すべての国の法律を尊重している」とディミトロフ氏は述べました。航空会社が給料、住宅、世界的な医療保険およびその他のサービスを提供し、「非常に望ましいキャリアチャンスをもたらす」と述べました。

 

f:id:shinjuku-shirane:20170721115300p:plain

カタールが改善?

 

カタールは外国人労働者を支配する政策に長期的な改革を導入していると述べましたがこの変更によっても労働者は国を離れる前に上司からの了承を得る必要があります。

 

カタール政府当局者は改革が労働者を雇用主に拘束することシステムを廃止すると発表しました。但し、人権活動家はこの改革が出来ても労働者は悪徳な雇用者による搾取されている恐れが継続すると言います。

 

人気記事

 

 

↓応援お願いします^^↓

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村