ANAマイルのBJ

飛行機に乗らず、毎月2万マイルを稼げる方法を紹介するブログ

危機の中でカタールが国際社会をどの程度まで鎮静化出来るだろうか?

カタールは89日水曜日、インドを含む80カ国の市民にビザなしで入国できるプログラムを発表した。ヨーロッパ、米国、ニュージーランド、南アフリカなどの市民は湾岸諸国への到着時に観光ビザを取得できるようになります。

 

f:id:shinjuku-shirane:20170918221628j:plain

 

 

ロイター通信はカタール政府観光局(CATA)の観光開発責任者、ハッサン・アル・イブラヒム氏は、「ビザ免除制度により、カタールはその地域で外国人を最も歓迎する国となる」と述べました。

 

 

これらの80カ国は2つのセクションに分かれており、滞在期間は60日と90日と言われています。 47カ国の国民は事前のビザの手続きを必要とせず、カタール到着時にビザ免除を受けることができます。免除は発給日から30日間有効であり、所有者には30日間を費やす権利があります。カタール航空は単一の旅行中でも複数の旅行中でも、この免除はさらに30日間延長される可能性がある」と述べました。このリストの国には米国、英国、オーストラリア、中国、ロシアが含まれる」とインドのタイムズ紙はカタール航空が言いました。