ANAマイルのBJ

飛行機に乗らず、毎月2万マイルを稼げる方法を紹介するブログ

インド系アメリカ人のカップルがロシアの空港で、人種差別され、アメリカの代わりに強制的にインドに戻された

f:id:shinjuku-shirane:20180110213759j:plain

 

Shohana Islam26歳)とMarc Fernandes27歳)は、アエロフロートで帰国しようとしたが、モスクワの航空会社の脅迫的人種差別的捜査官に許可されたという。

 

彼らはアメリカの市民ですが、結局彼らはインドへの飛行を余儀なくされました。

 

彼らがFacebookに投稿したビデオでは、Mikhailとしてだけ知っている男性は、「24時間後に私たちの国でビザを必要とする国のすべての市民が追放される」と語る。 "だったら、米国に戻してくれよ!"フェルナンデスは応答する。 "

 

 

絶望的なカップルは、アエロフロートの担当者に西に向かう飛行に乗って欲しいと訴えてい。

 

「私たちは、ホテル必要はないと言ったが、ラウンジのソファや椅子で寝ることができる。ロンドン、パリ、西ならなんでも良い」と述べ、ニューデリーからスカイプ経由でのインタビューで述べた。

 

代わりに、アエロフロートは彼らをインドへのフライトに戻どした。「私たちは脅かされていた:あなたがこの飛行に乗っていなければ、あなたは追放に直面する。もしあなたがこの飛行に乗らなければ、私たちはあなたの人生を悪化させる。

 

 

夫婦は、アエロフロートは白人の乗客にはるかに優しい対応をしていたと語った。「彼らは追放に直面しなかった。彼らはラウンジに連れて行き、とても優しかった。インド人に見えたので、インドに戻された」と述べた。