ANAマイルのBJ

飛行機に乗らず、毎月2万マイルを稼げる方法を紹介するブログ

乗客が国際線で尿が漏れた座席に座らなければならなかった

乗客がロンドンから南アフリカのケープタウンまで尿が漏れた座席に座らなけるばならなかった

 

f:id:shinjuku-shirane:20170828221556j:plain

 

ロンドンのヒースロー空港からの11時間のブリティッシュ・エアウェイズ便の乗客は、南アフリカへの旅の間に尿に浸かった座席に座らなければならないことを明らかにしました。 84日にロンドンからケープタウンへ旅行していたアンドリュー・ウィルキンソン氏は事件の詳細をデイリー・ミラー新聞に話しました。

 

私は座った時に濡れたパッチがあるのを発見しました。それは並んで置かれたカードの2つのデッキのサイズと同程度でした。最初は水だと思っていましたが、匂いがはっきりしていたので尿だったに違いない」と39歳のITコンサルタントが語りました。

 

私はス乗務員に声をかけました。彼女はそれは確かにオシッコに同意しました。彼女は言った:「それについて申し訳ない。それから彼女はトイレに行き、シートワイプを持って来て、私にそれをきれいにするように言った」と彼は付け加えました。

 

不快感を感じた為にウィルキンソン氏はビジネスクラスに移行するように依頼しました。フライトクルーのメンバーは彼の要求に対応しようとしていると言いましたが、結局にウィルキンソン氏は残りの旅の間にずっと濡れた座席にいました。

 

私はBAで帰国便の為に1,601米ドルを支払ったのに、11時間以上尿に浸かった座席に座りました。それはひどかったです。飛行の終わりまでに私はそれが私のジーンズに染み込むのを感じることがあった"と彼は言いました。

 

ウィルキンソン氏はこの事件について航空会社に訴状を提出したが、提供された補償に満足していません。 「私には5000 Aviosポイントが与えられただけ。11時間以上の間他人のオシッコに座っているのに十分な報酬だとは思っていない」。

 

 

この状況について航空会社の広報担当者は次のように述べています。「私たちはこれについて聞くことを非常に心配し、謝罪し、補償するために顧客と連絡を取り合っています。私たちの飛行機の清潔さは私たちにとって非常に重要であり、私たちの飛行機はあらゆる飛行の後に徹底的に清掃されています。