ANAマイルのBJ

飛行機に乗らず、毎月2万マイルを稼げる方法を紹介するブログ

国連:航空会社は人身売買と戦うためにさらに努力すへき

飛行旅行は近い将来急速に成長すると予想されます。例えば、国際航空運送協会(IATA)は今後20年間に世界の航空旅客数が倍増すると予測しています。

 

f:id:shinjuku-shirane:20170825071009j:plain

 

しかし、飛行機が増えると人身売買も増加するリスクがあります。そのために国連の代表はIATAの最近の国際会議で世界の航空会社に男性、女性、および子供の人身売買を阻止するためにより多くのことを行うよう促すことを話しました。

 

「紛争、危機、気候変動、貧困、暴力などから逃げる6530万人の人がいます。彼らは国や国境の間に避難している」と国連薬物犯罪事務所のジャン・ルック・レマヒュー氏はIATAの年次総会で発表しました。

 

人身売買に関する問題は訓練されていない目で見えないケースが多いです。そのような乗客およびこれらの犯罪の加害者はしばしば通常の乗客との移動パターンと混同することがあります。多くのNGOによると問題はますます悪化しています。国際労働機関(ILO)によると世界で少なくとも2,100万人が人身売買され、強制労働に陥っており、大多数の約1,140万人が女性と女児です。その結果、世界中の1,000人のうち3人が強制的に仕事に巻き込まれ、逃げることはほとんど不可能です。

 

IATAはこの人権危機に反応し、この問題についての訓練を促進し、意識を高めるために加盟航空会社と協力することを主張しています。同団体は人身売買についてTwitterFacebookなどのソーシャルメディアプラットフォームについてより議論しており、航空会社の従業員にこの秘密犯罪を抑制するためのトレーニングプログラムも実施しています。最近のIATA Facebook Liveの議論によると、人身売買の被害者は実際に自国の職場に閉じ込められています。

 

人身売買犠牲者を特定するためのより一般的な例の1つは、今年初めのアラスカ航空便で発生しました。シアトルからサンフランシスコへ飛行機で働いていた乗務員は年配の男性と一緒に旅行していた十代の若者のように見える女の子と身体の言葉で疑わしいほどに成長しました。少女は助手が必要だと書きましたが、パイロットは空港職員と連絡を取り、到着後にサンフランシスコ警察が飛行機を待っていました。

 

他の航空業界団体も人身売買と戦う最前線に立っています。国連の非営利団体でもある航空大使は米国連邦政府と協力し、人身売買に反対する訓練プログラムを実施しています。近年、航空業界の多くの従業員が所属する労働組合連合会はこの犯罪を止めるために警備員に注意を促すよう求めています。

 

 

航空会社に対する以前の批判は公表されたインシデントがブランド評判のリスクと見なされるため、この問題に取り組むのが嫌だったということです。しかし今消費者は企業が社会問題に対してもっと積極的になることを期待しています。航空会社も例外ではありません。この問題に取り組む独特の立場にあり、傍観者の代わりにヒーローになるからです。