ANAマイルのBJ

飛行機に乗らず、毎月2万マイルを稼げる方法を紹介するブログ

乗務員に声をかけて!飛行機は人身売買との戦いにおける新しい最前線!

飛行機に乗っていて、騒がしい子供の近くに座っているのは珍しいことではないです。しかし、その子供が、汚れた服を身に着けているものの、一緒にいる大人が豪華なビジネス服を着ていたらどうでしょうか?そして、たとえば毎回に乗務員がその子供に直接をかけたら、一緒にいる大人がいつも子供の代わりに答えたら?

 

f:id:shinjuku-shirane:20170902222409j:plain

 

 

訓練されていない人にとってはそれは虐待的または無視的な関係に見えるかもしれません。フライトアテンダントにはこの場面で人身売買の可能性がある赤旗が浮かび上がる可能性がさらにあります。

 

世界中で人身売買の被害者は2090万人にものぼるとされています。そのことさ貧困の国き限られていると思うと、勘違いです。米国と並んで、人身売買先のリストには英国、オーストラリア、フランス、ブラジル、オランダ、イスラエル、サウジアラビアなとまがあります。世界の豊かな地域でもこのような惨劇があります。

 

しかし、これが昼間に大勢の人々の目の前に起こるという事実を気づくのは乗務員です。

 

フライトアテンダントは一年中にたくさんの人々と出会います。元首相、芸能人、ずっと会わなかった親戚、名前さえ知らない隣のコンビニで働いている男など。乗務員は彼らを見ているだけでなく、何時間も彼らと交流し、熱心な観察者になります。普通の人々が気付かれないことを気づく。人身売買業者が犠牲者を目的地まで護衛するとき、乗務員の鋭い感覚が役に立ちます。

 

Shelia Fedrick氏はシアトルからサンフランシスコへのアラスカ航空便で乗務員として働いていました。彼女は中年の男性と一緒にいた若い10代の少女が飛行機に乗っていることに気付きました。感覚の上、二人に声をかけてみました。そしてその時に中年の男性は突然に会話を却下しました。後で女の子が飛行機のトイレを使用するために座席から現れた時に、少女は乗務員の助けを必要とするかどうかを尋ねるために彼女がトイレの内部にメモを残しました。応答はちょうど乗務員が予想したように - 彼女は助けを求めました。パイロットは警察に通報し、空港に待っていた警察は飛行機に入りました。

 

別の事件では、男の子がホンジュラスからマイアミへの飛行機を乗っていました。フライトアテンダントドナ・ハバード氏は少年が病気と痛みを感じていたことに気づきました。彼女は男の子について一緒にいた大人の男性に尋ねた時に、彼は乗組員の他のメンバーに伝えた名前と年齢が一致しませんでした。パイロットは情報を警察に通知しました為、後ほどにその少年が実際には悪い活動の犠牲者であったことを確認出来ました。

 

人身売買業者に連れているかの可能性のある兆候の一部は次のとおりです。

 

- 目的地を知らない

 

- 個人的なアイテムを持っていない

 

- 自分の旅行書類を管理していない

 

- 疑わしい "モデリング"仕事に就いて、到着地で待っている人や滞在する予定の場所を知らない

 

- 彼らと一緒にいる人は、彼らが一人でいる又は、自分自身で乗務員と直接に話すことは許されていない

 

- 身体的虐待の症状の表情がある

 

- 非常に飢えているように見える

 

- 彼らが着ている服と一緒にいる大人が着ている服の差が激しい

 

- 被害者は目を見張ることはなく、恐れているかに見える

 

この現代の危機に対する認識が高まるにつれて、より多くのグループがそれを止めるために足を伸ばしています。アメリカン航空は最近、ECPAT-USA(児童買春と人身売買を終了させる)と協力して、会社の方針を確立し、従業員と旅行者の意識を広めることを支援することを発表しました。航空業界以外の非営利団体であるPolaris Projectは、一般の人々の教育に欠かせません。

 

 

この暗い闇市場は存在し、しかも自分がいるところのすぐ近くに存在します。真実について学ぶことは不可欠です。飛行機にいて、目撃したことは直感的に怪しいと思った時に、乗組員に伝えるのは悪いことではありません。これらの被害者の先にあるものは恐ろしいものですから。無視しないで、乗務員と話すことだけで、人の命を救うことができます。