ANAマイルのBJ

飛行機に乗らず、毎月2万マイルを稼げる方法を紹介するブログ

タイの航空会社はトランスジェンダーの乗務員を雇用した時

以下の記事は五年前の話ですが、初めてトランスジェンダーを雇用した航空会社の為、思い出す必要があります。

 

PCエアのボスはトランスジェンダーの客室乗務員を雇い、「第3セクシュアルのメンバー」にもっと多くの権利を与えたい。

 

f:id:shinjuku-shirane:20170823204701j:plain

 

 

彼女のまつ毛と彼女の長い脚は乗車している乗客から必ず注目を浴びます。それは他の人に嫌がらせのように見えるかもしれないが、プンターカン・スリンゲーン氏 (25歳)がその注目を歓迎しています。Sringern - またはMewを呼ばれて欲しいは、トランスジェンダーのの人々を雇う最初のタイ航空会社であるPC Airのために働く4人の "ladyboys"1人です。

 

エンターテインメントや化粧品分野以外の仕事を見つけることはタイの「第3セックス」にとって難しいことです。彼らは世界中どこよりも多くここにいると言われていますが、この仕事は「夢が実現された」と彼女が言います。

 

PC Airの名前の由来は創設者であり社長Peter Chanから来ました。その名前は政治的正しさを暗示していません。不動産開発者のチャン氏はPCエアを開始し、すぐに一般開放された社会的に保守的な国家である6900万人の人権問題について直面しました。

 

「彼らはダンサーやエンターテイナーとしてざまざまな店で働いています。なぜなら、社会は他の仕事をくれないからです。」

 

チャン氏はタイと全世界は結局に日常生活の中でここではカトーと呼ばれるトランスジェンダーの人々を完全に受け入れることを望んでいます。"これは私の夢です"と彼は言いました。 「誰もがそれを持っていなければならない。それは人権だ」。