ANAマイルのBJ

飛行機に乗らず、毎月7万マイルを稼げる方法を紹介するブログ

裁判所の判決で旅行制限が解除されているが難民の入国が禁止

ドナルド・トランプ大統領の11カ国難民禁止法は、裁判官によって部分的に阻止され、連邦規則制定要件に違反していることが判明した。

 

f:id:shinjuku-shirane:20180106225326j:plain

 

 

大統領の1月の旅行禁止を延期した最初の命令の1つを発行したシアトルの米地方裁判所のジェームズ・ロバート裁判官は、土曜日の判決で、親戚やを持たない難民は米国に入国禁止。

 

 

エジプト、イラン、イラク、リビア、マリ、ソマリア、スーダン、シリア、イエメン、南スーダン、北朝鮮を対象とする難民禁止条項は、今や旅行者の制限とは別の指令である。ロバートの判決は、サンフランシスコに本拠を置く控訴裁判所が、主にイスラム諸国のからの旅行者に対する制限が違法な差別であると結論付けた翌日になる。

 

これは非常に残念なニュース。一番弱いのは難民だ。彼らはアメリカに来たのは、自国で死にたくない為だけだった。