ANAマイルのBJ

飛行機に乗らず、毎月2万マイルを稼げる方法を紹介するブログ

飛行中にパイロットは副操縦士を殴り、両方がコックピットを出る

f:id:shinjuku-shirane:20180107223351j:plain

 

報告によると、パイロットはコックピットから出てきて泣き始めた女性のパイロットを叩いた。客室乗務員の上級メンバーは彼女にコックピットに戻るよう説得した。しかし、彼女はコックピットから出て行き、混乱した乗務員が彼女にコックピットに戻って飛行を完了するように要請した。

 

 

報道によると、パイロットは初めて操縦席を離れ、自分からも副操縦士をコックピットに戻すよう説得した。コックピットを無人で放置することは、航空安全規則の総違反のは言うまでもない。そして、彼らは2回目の喧嘩をして、彼女は改めてコックピットを出た。

 

航空会社は以下のステートメントを出した:

 

201811日のジェットエアウェイズ便9W 119便のコックピット乗組員の間で誤解が起こった。しかし、同じことが素早くやり遂げられ、2人の幼児と14人の乗務員を含む324人の乗客がムンバイ、安全に着陸することが出来た。

 

航空会社はこの事件を民間航空局(DGCA)に報告しており、その後関係する乗組員は内部調査が開始されるまで撤回されている。ジェットエアウェイズでは、安全性を損なう従業員の行動に対して、お客様、乗組員、資産の安全性が最も重要であり、航空会社の許容範囲はゼロです」