ANAマイルのBJ

飛行機に乗らず、毎月2万マイルを稼げる方法を紹介するブログ

フライト・アテンダントの使用済みシューズは今や足フェチの間でホットアイテムになっているようです

英国の新聞は航空の乗組員が使用済みの靴を愛好家に売ることについてスクープの記事を書きました。

 

f:id:shinjuku-shirane:20170504212416j:plain

 

 

地球を飛び回る乗組員は確かに魅力的なキャリア選択のように思えますが、英国の新聞のThe Sunによればこの職業には秘密が潜んでいます。英国の新聞の今週のレポートによって何人の乗組員がフェチのコミュニティに自分が履いた靴を売っています。

 

靴、タイツ、その他のより個人的な衣服を含む、乗務員が使用するアイテムは特定のフェチを満たすために非常に求められています。「非常に使い切った客室乗務員の靴」のペアが、eBay65ドル以上を手に取ることができると伝えられます。

 

乗務員の一人は自分の乗組員の衣服や個人用品が販売されている「All Things Worn And Beautiful」というウェブサイトを運営しています。 Juice Pusherのニックネームでオンラインで運営しているフルタイムのフライトアテンダントとパートタイムの仮想フェチショップのオーナーはSunに飛行機で着用したタイツのペアを$ 27で販売していると語りました。

 

早い段階から着用したタイツなど、特に乗務員からのタイツや靴に需要があると気づきました」と彼女は説明しました。

 

 

この記事よると、eBayのようなサイトでは商品を通常の販売よりもニッチ・フェティッシュを満たすように見える取引を断ち切り始めています。使用済みの靴、ズボン、靴下を販売しようとしている乗務員はコードランゲージを使用し、販売するアイテムがそれぞれの固有のニーズを満たすことを顧客に知らせます。たとえば、サイズ7の女性用靴のペアは「着用したキャビンシューズ - 非常に長い飛行でアメリカから戻ったばかりの物」として特に称賛されました。

 

人気記事