ANAマイルのBJ

飛行機に乗らず、毎月2万マイルを稼げる方法を紹介するブログ

「人権侵害」:バニラエアが車椅子に乗った人を四つん這いになって飛行機を乗って貰った

飛行機に搭乗するために車椅子の男性が一連の階段を四つん這いになって上ったと伝えられた後、航空会社は謝罪を余儀なくされました。

 

f:id:shinjuku-shirane:20170811220325p:plain

 

腰から麻痺したキジマ氏は車椅子から出て階段を這い上げたとブログで報告しました。今月初めに奄美の南の島から大阪に戻ってきた時にこのような屈辱的な問題に直面してしまいました。

 

バニラエアはキジマ氏が65日に飛行機を搭乗する前に、これは小さな空港の為に階段を利用する必要があり、身体に障害のある人を安全に運ぶことはできないと伝えたようなです。バニラエアはまた彼の友人が彼が車椅子を乗りながら、または彼と車椅子を別々に運ぶことも拒否しましと。

 

キジマ氏は航空機に乗るためのほとんどオプションがなくなった為、乗務員の声を無視し、長い階段を這いながら進みました。この恥ずかしいプロセスには数分かかりました。

 

「私は乗務員を無視し上昇し続けなければ、大阪に帰ることができなかった」と彼は書いています。

 

彼の友人の一人が彼をプッシュで助け、やっと上まで上がったこら彼は車椅子に入れられ、彼の座席に連れていました。

 

「私が歩くことができないために飛行機に乗ることを拒否されることは決して想像しなかった」と彼は語ります。「これは人権侵害だ」

 

事件以来、バニラエアは謝罪し、新しいエレベーターが設置されていると言いました。石川彰宏バニラエア広報担当者は不愉快な経験のためにキジマ氏に謝罪をあげました。

 

また、サービス向上のための対策を講じていると説明した。

 

バリアフリー旅行を主張しているキジマ氏は158カ国を訪問し、200空港を利用し、これまでに拒否されたことはないと言います。キジマ氏は素晴らしい技術を求めているのではなく、ちょっとした助けだけを求めていると言います。

 

石川さんによると奄美空港はバニラエアの14の国際線と国内線の中で車椅子利用者のためのエレベーターがない唯一の空港です。