ANAマイルのBJ

飛行機に乗らず、毎月2万マイルを稼げる方法を紹介するブログ

コメント:航空会社も難民問題は無関係ではない!

航空会社にトランプの禁止にもかかわらず、避難者を安全な場所に連れて行く道義的責任がある

 

f:id:shinjuku-shirane:20170721152719p:plain

 

 [:contents]

 

トランプ大統領の難民禁止令

 

ドナルド・トランプ大統領の難民禁止令を受けて、航空会社は政治的な暴動の中心になっています。 7人のムスリム大多数の国の市民が米国に入国することを禁じていたトランプの執行命令の影響によって航空会社が国際線に乗ろうとしていた難民をその国に戻すようと促進されてしまいました。しかし、トランプの命令に従いによって、航空会社は国際人権基準を無視しています。

 

世界人権宣言第14条では「すべての人は、迫害からの避難を他国に求め、かつ、これを他国で享有する権利を有する」の権利を概説されています。しかし、この権利を十分に享受するには庇護申請者の安全な通過を支援する責任があります。難民申請者が航空券を購入しましたが、合法的に入国するための適切な書類がない場合でも航空会社は第14条の要件を満たすために航空券を尊重しなければなりません。これで難民者の主張に対する真正性は会社のスタッフではなくホストの政府に対するものになります。

 

欧州の指令

 

しかし、欧州をよく見ると航空会社がEUの国境で拒否された難民の送還費用を負担させる2001年の欧州指令の結果として、航空会社はこの手順に常に従うとは限らないことになってしまいます。通常は庇護申請者を除外するこの指令は航空会社の飛行機に搭乗したい適切な書類がない乗客を禁止するようにインセンティブを与えています。

 

飛行機のような安全なオプションがない場合は難民は危険な選択肢に向かわなければならない可能性があります。たとえば、ヨーロッパの安全を求めているシリアの難民は過度の料金を徴収した後、危険な旅をするために安全でない膨張式筏を使用する密輸業者に頼って、危険な水路に向かうようになってきています。その結果、2016年だけで3,740人以上が死亡しました。

 

結局にトランプの執行命令とEUの2001年指令にもかかわらず、航空会社は難民を援助する道義的な命令を持っています。ここの数日と数週間で航空会社がやるべき3つのポイントがあります:

 

カナダの対応


乗客が安全な場所に到着できるようにすること。旅客が亡命を申請した場合航空会社は旅客が国境の職員に請求することができるようにする責任を負います。それは米国とは別の目的地を選択するために乗客と協力しなければならない場合があります。例えば、カナダの首相Justin Trudeauはカナダは国際人権を守る義務を果たしている難民を受け入れていると述べています。

 

他の航空会社や難民支持者と協力すること。亡命希望者が自国から庇護申請可能なホスト国への航路へのアクセスを確保するためには航空会社は互いに提携しなければなりません。さらに航空会社は、UN難民局を含む難民支持者と協力して、難民の安全な通過をどのように支援するかを理解する必要があります。これには難民支援組織とのパートナーシップが含まれ、ヨーロッパでの入国を禁止する亡命希望者の送還費用をカバーが出来るように居力する必要があります。また、国際航空移転機構(International Organization for Migration)と協力したエア・カナダが、難民の飛行の継続的な支援も必要となる場合もあります。


難民の権利を促進するために航空会社の力を活用すること。ビジネスと人権に関する国連のガイダンス原則によって、企業は人権の責任を果たすためにビジネスの力を活用することが期待されています。すべての航空会社の使命は安全な運航をサポートすることです。したがって、個々の企業はユナイテッド航空が行ったように、国際人権の支持を公然と述べ、政府に難民を含むすべての人々の権利を守るために国家的義務を果たすよう促すべきです。

 

他の業界

 

他の業界のいくつかの企業は人権を支える政策の変革に成功しています。例えば、当時インディアナ州知事であったマイク・ペンスが指令したLGBTアメリカ人を差別する法律に反対した9人のCEOたち。難民禁止と運航手数料に反対声をあげることによって、航空会社は難民の権利を支援し、効果的な政策行動にも貢献できるケースがあります。

 

人気記事

 

 

↓応援お願いします^^↓

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村