ANAマイルのBJ

飛行機に乗らず、毎月2万マイルを稼げる方法を紹介するブログ

自転車を飛行機に乗せる:安くて簡単な方法

自転車で遠いところで旅行したい場合は自転車を飛行機に乗せる必要場合があります。飛行機に乗って自転車を荷物として運ぶことは楽ではありません。 さまざまな航空会社によって課される様々な変動料金に加えて、輸送中に自転車を保護する為に自転車を梱包、開梱、梱包資材を調達という問題があります。

 

f:id:shinjuku-shirane:20170724144435p:plain

 

 

もちろん、自転車のたくさんの部品を一個一個にパッキングすることも出来ますが、正直、時間が沢山かかります。そして安いでもありません。実はもっと良い方法があります。

 

自転車を透明なビニール袋に入れる

 

段ボール箱に自転車を梱包することに比べて、複数の利点があります。自転車はそれ大丈夫かなとの心配も分かりますが、自転車を透明なビニール袋に入れた場合、空港スタッフは自転車をより慎重に扱ってくれます。このテクニック4つのメリットについて以下に説明させて頂きます。

 

 

簡単: ただのビニール袋だからです。

 

CTCプラスチックバイクバッグはこの目的のために特別に作られています。旅行の前に注文すれば、パニエで運ぶことができ、再利用も可能です。ぎりぎりのタイミングで箱を貰う必要もなく、自分で作ることも可能です。

 

 

速い: ペダルの取り外し/再取り付けを含む総梱包/開梱は約15分

 

これは 自転車箱を使用する場合の自転車1時間あたりの最低時間に比べてかなり速いです。 ビニール袋の方法では自転車全体がほぼそのまま残っています。

 

 

格安: 先に計画している場合

 

事前に計画を立てたくない場合は、CTC Plastic Bike Bagなどを使用してください。時間があればプラスチック製のシートとダクトテープでも作られます。地元のホームセンターのプラスチック製シートを原料とした自家製の袋は2袋分で約4,000円。

安心: 自転車はビニール袋に梱包された場合はより慎重に扱われます

 

まず、手荷物の空港スタッフは袋に自転車が入っていることを分かると、慎重に扱う可能性が高くなります。その上、ビニール袋に入っている自転車の変形は、貨物倉内の他の荷物の下に積み重なるか、または飛行機との間の荷物カートの上に積み重なることはありません。自転車に傷がつく恐れが低くなります。

 

自転車をビニール袋にどのように詰めますか?

 

意外にも、飛行機に自転車を運ぶために透明なビニール袋を使用できる為、簡単な分解だけが必要です。まず、各航空会社によって規制が異なるため、乗る予定がある航空会社に確認した方が良いです。ほとんどの航空会社はビニール袋に入れられた自転車を受け入れ、ハンドルバーのみを平行にし、ペダルを取り外し、タイヤの空気を部分的に抜かせることを要求します。

 

これは言っても、フロントディレイラーにパッドを付け、フレームからリアディレイラーを外し、サドルを下げてフロントホイールをフロッピーから固定するようにした方が賢明だと思います。

 

 

自転車は本当に大丈夫かな?

 

結局荷物扱いのスタッフは実際には人間です。自転車がバッグに入っているのを分かれば、自転車がもっと慎重に扱われる可能性が高い。よく分からない段ボール箱を使ってしまい、その段ボールの上に数百のスーツケースを積み重ねる代わりに、ビニール袋もっと慎重に扱われます。

 

 

人気記事

 

 

↓応援お願いします^^↓

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村