ANAマイルのBJ

飛行機に乗らず、毎月2万マイルを稼げる方法を紹介するブログ

エミレーツ航空は更に20台の新しいA380を発注検討中

エミレーツ航空は世界最大のA380オペレーターです。合計317件のA380注文があり、そのうち142件はエミレーツがオーダーしました。これでエミレーツ航空は他のすべての航空会社を纏めて同じくらいA380を持っています。

 

f:id:shinjuku-shirane:20170721153052p:plain

 

他の航空会社がエミレーツ航空のようにA380について大変興奮しているわけではありませんが、エミレーツ航空はこの飛行機タイプを本当にうまく機能させることができました。彼らはニューヨーク、ロンドン、シドニーなど、毎日運行できるようにルートネットワークを十分に拡張することができました。

 

しかし、中東の航空会社が苦しんでいる状態を否定することが出来なく、カタールの状況を超えて、最近の電子機器の禁止も超えています。

 

原油価格が下落したため、中東諸国の航空会社はいろいろな理由で苦戦してきたした。その1つは、これらの航空会社が政府所有であり、明らかに中東諸国の政府は原油価格が高いほど財務状況がはるかに良いということです。更に、原油価格が高い時に中東地域への交通量が多いです。

 

過去数年間、エミレーツでは大幅なコスト削減が見られました。エミレーツ航空は最近に乗組員のトレーナーの多くを解雇しましし、それ以外にも昨年にエミレーツ航空がいくつかのA3801年に遅らせることが分かりました。

 

このすべてにかかわらず、Bloombergはエミレーツ航空がエアバス社と2020年早々に納品できるA380をさらに20機を購入すると話していると報道しています。

 

エミレーツ航空は艦隊の規模を拡大する目的でA380を追加注文することはしていません(既に218機を発注しています)。実は現在リースしているA380の一部を交換するために追加しているんではないかという噂もあります。

 

エミレーツ航空は2008年からA380を運用していますが、機体の多くはすぐにリニューアルを予定しています。エミレーツがA380の一部を貸し手に返却し、リースを延長するのではなく新しいものを買うことに少し驚いています。

 

しかし、おそらく新しいA380を買うことは思うほど高価ではないでしょう。シンガポール航空は5台のA380を貸し手に返却しようとしているため、中古車のA380も増え続けます。

 

 

A380のさらなる成果が達成されたかどうかを知りたいのですが、それはA380の生産を2年以上生き続けるでしょう。残念ながらA380は少し早く導入されました。世界の航空旅行の成長ペースと主要なグローバルハブの渋滞の悪化に伴い、A38010年や20年で本当に成功したと思います。しかし当分の間、航空会社はA350787についてもっと興奮しています。

 

人気記事