ANAマイルのBJ

飛行機に乗らず、毎月2万マイルを稼げる方法を紹介するブログ

質問:空は障害を持つ人々の限界?

 世界中の空港でセキュリティが強化されているため、飛行は昔よりストレスフルになってしまいました。しかし、障害を持つ人々にとって飛行は更に特に困難かもしれません。

 

f:id:shinjuku-shirane:20170721110502p:plain

 

 

セキュリティーチェック

 

さらなるセキュリティーチェックのために人工腕を取り外すように頼まれたアトランタの女性を想像してみてください。または、ノースカロライナ空港にいたがん生存者は人工胸を取り外すように求められたケース。

 

筋ジストロフィーを抱え、人工呼吸器で移動しなければならないCarrie Salbergの場合をみて下さい。ニューオーリンズでの休暇から飛行機に乗って帰ろうとした彼女は飛行機の乗組員に説明なしで飛行機から離れるよう命じられました。 Salberg氏は1ヵ月前に人工呼吸器で飛行する許可を得て、ニューオーリンズへ何も問題なく飛びました。彼女は最終的に5時間後に飛行機に乗ることができましたが、その遅れは公衆浴室を使うことができない彼女に何時間も何も飲むことができないことを意味しました。

 

人権

 

米国運輸省(DOT)は、2009年に17,068件の航空会社に対する障害関連苦情を受け、2008年より20%以上増加しました。

 

航空会社が車椅子や酸素タンクのような介護機器を紛失した例も数多くあります。例えば、障害擁護家のJuanCobeñasはコロンビアで開催された国際障害者権利会議にアルゼンチンから参加しようとしましたが、航空会社が車椅子の一部を失ったために会議に出席できませんでした。それはスーツケースを失うことと同じではありません。障害を持つ人々は基本的な移動性のためにこれらのデバイスに依存し、生存のために自分自身を気遣うことができます。

 

米国内線航空会社と米国発着の海外航空会社に適用される米国航空会社アクセス法によると航空会社は障害がある人を原因として障害のある人を旅行することを否定することはできないとしている。障害を持つ人々に対する差別に対処するために、DOTは苦情を調査し​​、問題のある航空会社を罰することができます。

 

米航空宇宙局(DOT)はデルタ航空は航空会社が乗客に障害物を提供して飛行機に乗ることを要求する法律の「重大な違反」を犯したことを知った後、デルタ航空に200万ドルの罰金を要求しました。デルタ航空は罰金に迅速に対応し、顧客に謝罪し、訓練と情報の徹底的な見直しと改良を約束しました。コンチネンタル航空は障害苦情に関連した不適切な記録保管のために10万ドルの罰金を科されました。

 

安全性が重要であると疑う人はいません。また、障害のない乗客も確かに不便と不満を抱えています。しかし、安全保障上の利便性の名目で、または過失および無関心のために、障害を持つ人々の安全と尊厳を犠牲にするべきではありません。

 

訓練

 

ますますグローバル化している世界では、航空旅行は私たちの生活にますます不可欠です。障害を持つ人々は飛行する権利があり、航空会社のスタッフによって同等の扱いを受ける権利があります。これを実現するには、法律を厳格かつ効果的に実施しなければならず、航空会社のスタッフは包括的なトレーニングを受けるべきです。航空会社は障害のある方々に訓練の開発や障害関連の方針と手順の設定の際にアドバイスや情報を求めてほしい。航空業界は厳しい経済市場で競争力を維持するためにコストを全面的に削減していますが、法律に従うことを犠牲にしてお金を節約し、障害者の権利と尊厳を尊重することは受け入れられません。

 

人気記事

 

 

↓応援お願いします^^↓

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村