読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAマイルのBJ

飛行機に乗らず、毎月2万マイルを稼げる方法を紹介するブログ

ポイントサイト:メリット、デメリットとリスク!

陸マイラーをインターネットで検索したら、必ずポイントサイトという言葉が出ます。飛行機に頻繁に乗れないけどマイルを貯めたい人はよくポイントサイトを利用していると思います。以下の関連記事にポイントサイトのリスクと注意点について書きましたが、具体的にポイントサイトって何や登録方法、初心者向けのオススメのノーリスク使い方及びポイントサイトでの貯め方や詳細を説明したいと思います。

 

f:id:shinjuku-shirane:20161226080434p:plain

 
 

【スポンサーリンク】
 

 

ポイントサイトとは?

 
簡単に言いますと、インターネットショッピングによるポイントをくれるサイトです。ポイントサイト経由にネットで何か買い物した場合は、ポイントサイトこらボーナスポイントを貰えます。
 
ポイントサイトはいくつかあります。有名なのは、ハピタス、ちょびリッチ、ポイントタウン、モッピーなど。全てのポイントサイトへの登録及び利用は無料です。ポイントサイトの利益は告知とそのサイトを使って商品やサービスを提供しているかいしからきま。
 
ポイントサイトをまだ使ったことがない人は当然にポイントサイトの制度や仕組みを良く分からないし、メリットはどのくらいあるか、特にリスクはどのくらい大きいか分からない為、ポイントサイトの利用を不安に思っています。
 
ポイントサイトで何が出来るか、ポイントサイトを使う場合メリット、デメリット及びリスクを詳しく説明したいと思います。あなたにもポイントサイトのご利用に意味があるか以下の記事を読んだ後に是非ご自分で決めて頂ければと思います。
 

ポイントサイトの主なサービス

 

① ネットショッピング

 
ユーザーは通常ネットショッピングの場合に、100円あたりに1ポイント (1円)をポイントサイトから貰います
 
例 : 楽天ショップをポイントサイト経由にアクセスしましたら、楽天ショップでの買い物をした場合に貰うポイントだけではなく、ポイントサイトからもポイントを貰います。
 
楽天ショップはポイントサイトにもサービスを提供している理由は、普段アマゾンやヤフーショップで買い物する人を楽天ショップに紹介出来る為。ポイントサイトを使う人は必ず楽天ショップのユーザーではないかもしれませんので、ポイントサイトでその新しいポテンシャルユーザーに魅力的なインセンティブ、イコールポイント、をあげる必要があります。
 
勿論、普段に楽天ショップをよく使う人もポイントサイト経由にアクセスしましたら、ポイントサイトからボーナスボーナスを貰います。
 
メリット : いつも使っている楽天ショップやヤフーショップでネットショッピングしているのに、100円ごとに1ポイントをボーナスとしと貰えます。
 
デメリット: 面倒くさいほどは言えないと思いますが、アクセスは直接に楽天ショップやヤフーショップではなく、ポイントサイト経由にアクセスすることを覚えなければなりません。
 
リスク : リスクはゼロです。何を買うかいくらを買うかは完全自由。楽天ショップやヤフーショップで買い物をしようと思いましたら、ポイントサイト経由アクセスなら、ボーナスポイントを貰えます。それだけ。
  

 

② 告知商品 

 
ポイントサイトで、ポイントサイトの告知にある商品を購入すること。こちらはだいたい高ポイント案件です。普段の何パーセントはポイントとしてポイントサイトから戻ってきます、又は固定なポイント数を貰います。
 
例 : ポイントサイトのショップでで青汁を購入しましたら、値段の4,500円に4,500ポイントが戻ります。このような商品はだいたい試し商品で、ユーザーはこれを気に入ってくれるを期待している商品会社。
 
なんで、4,500円の商品に4,500円分のポイントが戻って来ます?普通に考えたら赤字になるでしょう。怪しいと感じるかもしれませんよね?
 
私も最初はそう思いました。こんなにたくさんインセンティブをくれるのは怪しい会社に違いないと。ですが、やっているのは有名な会社もありますし、赤字になってもいい会社はいません。では、いったい何故こんなをしているでしょうか?
 
理由は、この会社は新しいポテンシャルユーザーを狙っています。最初は、新お客さんはポイントを狙って商品を購入するかもしれませんが、気に入ったら、続いて購入してくれるではないかを思っている会社側。もちろん、一回購入して二回購入しない完全にポイントを狙っているユーザーがいるとその会社も分かります。ここは会社も仕方なく、新お客さんを探すのなら、犠牲も必要だと覚悟しています。
 
上記に説明したケースは商品を通常購入として買う場合です。ポイントサイトでもう一つに多くにある定期購入商品については説明したいと思います。
 
定期購入は名前通りに、一回ではなく、毎月に一回のような定期的に買うビジネスモデルです。
 
例 : 先ほどの青汁の商品を定期購入としと買いましたら、通常価格の4,500円ではなく、定期購入価格の3,800として買うことが出来ます。貰うポイント数は同じ。定期購入しましたら、若干お得になります。また、定期購入としてだけ提供される商品も多いです。もちろん、キャンセルは出来ますが、キャンセルまで2、3回ある商品を購入する必要がある条件もたまにあります。
 
メリット : たくさんポイントを簡単に貰えます。値段と貰えるポイントを比較して、ポイントを狙うだけの目的で、購入することに価値があるかどうよく検討してくださいね。初心者ははまず通常購入の商品ににしたらと思います。キャンセルはかならず出来ますが、面倒くさいの面もありますし、ポイントサイトを不安と思いましたら、まず通常購入でリスクを大きく減らすことが出来ます。
 
デメリット : 定期購入の場合はキャンセルしたいといけません。電話やメールで出来ますか、不安なら、まず通常購入がいいと思います。後は、通常購入の場合も、実は要らない商品の場合はヤフオクで売るか誰かにあげるかを考えればいい。
 
リスク : 通常や定期購入か、どちらになるか商品の条件をきちんとチェックする必要があります。商品のポイントの条件はポイントサイトで買いてありますので、良く読んで下さい、定期購入のもう一つの注意してほしい点はキャンセルポリシーをちゃんと読んでいつキャンセルが出来るかを忘れないようにメモした方がいいです。
 
 

③ クレジットカード入会

 
ポイントサイト経由にクレジットカードを申し込むこと。この点は実は②にも入れますが、貰えるポイントやリスクは②とちょっと違う為、別途にさせて頂きました。
 
例 : クレジットカード会社は良くポイントサイトで入会キャンペーンにさらにボーナスポイントをあげるオファーを良く提供します。理由は、この世の中にクレジットカードの種類はあまりにも沢山ありますので、普通なインターネットやデパートで告知しても、多くの人が気付かないか、又は魅力を感じないから興味がありません。
 
ポイントサイトはクレジットカードだけではなく、様々な商品やサービスを提供し、特にお得な物だけを探しいる方もやっと会社が提供しているクレジットカードに気づくや興味を持つようになることをクレジットカード会社が期待しています。
 
クレジットカード入会キャンペーンではだいたいカード会社から既に入会ボーナスポイントを貰えます。ポイントサイトのユーザーも入会してくれる為に、ポイントサイト経由に入会したら、さらにボーナスポイントを貰えるという仕組みがあります。カード会社の考えは、ポイントサイトの多くの人が自分が提供しているクレジットカードを知らないか今まで興味を持たなかったので、ポイントサイトでさらにボーナスポイントをあげれば入会してくれるかもしれませんと期待しています。
 
クレジットカードの種類は大きく二つのカテゴリーに分けることが出来ます:年会費無料なカードと年会費がかかるカードです。
 
年会費無料のカードはお金がかかりませんので、こちらのタイプのクレジットカードが増えても、入会者には負担がかかりません。これに対して、年会費がかかるカードなら、入会るかしないかもうちょっと良く検討する必要があります。もちろん、すべてのクレジットカードを入会した後はまたキャンセルが出来ますが、何回もカードをキャンセルをした場合は、後で本当に欲しいカードを申し込むことは難しくなる可能性があります。
 
ちなみ、ポイントサイトで年会費無料なクレジットカードの入会キャンペーンの時に、だいたい3,000円分(又はソラチカカードのルートで交換したら2,700マイル)から8,000円分(ソラチカルートなら7,200マイル)を貰うチャンスがだいたい毎週に来ると思います。焦る必要がないですが、無料カードなら損もありません。
 
メリット:ポイント(又はマイル)をいっきに沢山稼げるチャンスの一つです。無料カードならお金もかかりませんし、便利なカードであればこそかなり魅了的な案件だと思います。
 
デメリット:クレジットカードに年会費がある場合は、年会費を払う必要があります。だいたいの場合は、カード会社からの入会キャンペーンとポイントサイトからの入会キャンペーンで貰えるポイントの円分(またはマイル)は最初の一年の年会費を超えますが、ちゃんと計算する必要があります。また、キャンセルしたい場合はキャンセルの手続き(わりと簡単)を行う必要があります。
 
リスク:年会費がかかるカードのキャンセルを忘れた場合は次の一年もお金がかかります。又、最初の一年は無料ですが、次年は有料になるカードもありますので、申し込む前に、クレジットカードの入会詳細をきちんと読む必要があります。そして、無料カードをたくさん申し込んで、後で退会したい場合は、クレジットヒストリーに損を付ける可能性もあります。クレジットカード会社は出来れば自分を出しているカードを使ってもらいたいですので、たくさんカードを退会した場合はしばらくの間に他のクレジットカードの申請は難しくなるかもしれません。カードの退会のタイミングをよく検討した方がいいと思います。
 
 

④ グルメと商品モニター

 
ポイントサイトで「モニター」という案件に参加すること。「モニター」と言いますと、「グルメ」、「スーパーの食品」、「コスメ」、「サプリ」に関するの案件が多いと思います。レストランに食べに行ったら、後でレビューを書けば、ポイントサイトからポイントを貰えます。
 
例:焼き肉を食べに行く前に、ポイントサイトでこちらの焼き肉レストランようのモニター案件に参加した場合は、レストランで食べた後に、レストランから頂いたレシートをポイントサイトにアップロードしレビューを書けば、ポイントを貰えます。多くの場合は支払ったお金の金額の20%~50%がポイントとして戻ってきます。ソラチカカードでマイルに交換した場合は、36%~90%がマイルとして戻ってくる案件が多いです。

 

上記の例と同じように、例えば食品の案件の場合は、指定のコンビニやスーパーで指定の食品を買ったら、レシートをポイントサイトにアップロードしレビューを書けば、ポイントを貰えます。ここはだいたい何百円の食品のケースが多いので、レストランや居酒屋の案件より貰えるポイントは少ないですが、好きな食品であれば、どうしても買おうと考えた場合はポイントサイトのモニターに参加したらお得と思います。
 
尚、モニターには買う前に応募する必要があります。人気なレストランや食品なら早いうちに指定人数を超える場合がありますので、その時はもう参加できません。
 
メリット:レストランや居酒屋のモニター案件ならかなりたくさんのポイントを稼ぐことが出来ます。特に、好きなレストランや料理であれば、損はあまりないですね。そして、友達や会社と一緒に行ったら、自分が幹事として纏めて払う場合は全員が食べた分の料金から20%~50%を貰うことも出来ます。その場合は、結局ごはん食べたし、お金もプラスしたちうことになります。
 
デメリット:全国全レストランや居酒屋が参加することではなく、ポイントサイトで指定された店舗だけとなります。関東や関西に住んでいる場合はチョイスは沢山ありますが、田舎に住んでいる場合は自分が好きな案件はなかなかこないかもしれません。尚、レビューを書くのは面倒くさいと感じている方にはちょっと向かないかもしれませんね。多くの案件ではモニター参加した後の4日~7日間以内にレストランやスーパーに行く必要があります。
 
リスク:多くのモニター案件には貰えるポイントの上限があるため、これを超えても、最大の取得可能なポイント異常はもらえませんので、気を付けてください。尚、レシートを貰うやアップロードを忘れた場合はポイント一切なしになってしまいます。
 

【スポンサーリンク】
 

 

纏め

 
如何でしたか。ポイントサイトについての知識についてこちらの記事は少しでも役に立てば嬉しく思います。ポイントサイトはすべて良いではありませんで、リスクはどこにあるのか、ポイントを貰える為に何をやらなければならないかをちゃんと把握したらちょっと安心も出来ると思います。ポイントサイトについてもっと知りたいからは是非以下の関連記事を読んでいただければ幸いです。
 

【スポンサーリンク】