読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAマイルのBJ

飛行機に乗らず、毎月2万マイルを稼げる方法を紹介するブログ

2016年最悪10の空港

毎年「Sleeping in Airports」というサイトで実施されている調査では、空港の全般的な経験に基づいて世界中の空港を評価する読者のアンケートが行われました。 このサイトの読者は以下の基づいて自分の空港経験を以下のランク付けしました:

 

  • コンフォート(レストゾーン&ゲート席)
  • サービス、施設、楽しめること
  • 食べ物&料理の有無
  • セキュリティ
  • カスタマーサービス
  • 清潔さ

 

ソース:sleepinginairports.net

www.sleepinginairports.net

 

ああ、世界最悪の空港...これらのターミナルは、旅行者になぜ彼らが家にいないのか不思議に思うような継続的なポテンシャルを持っています。水とトイレットペーパーが不足している手洗い所や嫌がらせをするスタッフなどでも、こういうところにはいたくないと思います。こちらのサイトの読者は、これらの10空港はなぜ世界の最も空港かについて沢山のコメントで書いてくれました。私たちが望むことができるのは、あなたがこの空港にいるのであれば、あなたは自分の手の消毒剤、忍耐、強烈な膀胱および何かエンターテイメントデバイスがを用意したということです。これがなければ、頭がおかしくなるの危険があります!

 

以下に、2016年の空港調査で読者によって決定された、空港全体の経験に基づく世界のトップ10最悪の空港です。

 

f:id:shinjuku-shirane:20170113105502p:plain

 

1. Jeddah King Abdulaziz International Airport, Saudi Arabia (JED)

入国審査には3時間かかりました。 2人しか働いておらず、200人も並びましたのに。 その後、この2人は、交換することなく自分の場所から離れ、いつ帰ってくれるかは誰も知らない。 - 調査回答者

 

事実上、この空港のすべてのところが大きな改善が必要とするというのも事実の為、ジッダ空港は世界のもっとも最悪の空港で第1位に飛びました。JED空港は 「来年」の旅行者には新しいターミナル、綺麗なトイレがあると言っていますが、より多くのアメニティはまだありません。その代わりに、ジッダのハジターミナルに到着すると、この空港にとって清潔さはただの神話のコンセプトであることが分かると思います。

 

この空港の入国管理官のチームは "不注意"、 "傲慢"、 "礼儀正しくない"。そしてレストラン、ショッピング、エンターテイメントなどがりません。ハジ巡礼は言うまでもなく、ピーク時には、待ち行列が大変に長く、椅子があまりありません。長いレイオオーバーや飛行遅延の間にここで眠るという考えは本質的にアウトです。旅行者は2017年が本当に新しい空港が来るを祈っていますが、現時点の唯一の良い点は無料のWi-Fiです。

 

【スポンサーリンク】
 

 

2. Juba International Airport, South Sudan (JUB)

 入国審査は、1台の飛行機の荷物を処理するだけなのに2時間かかることがあります。自分の荷物を受け取るのはオークションのような混乱状況です。 貴重品や大切な物をスーツケースに入れないことがベストです。 - 調査回答者

 

ジュバ空港について考えると、南スーダンは戦争の運賃分担に取り組んでいる新興国であることを覚えておいた方がいいです。このことを考えれば、気持ちを少し緩めることが重要だと考えています。それでも、このサッカーフィールドのサイズを持っている空港は混沌していることを忘れません。

 

人と人をの間に抱き締められるような状態で、疑わしいセキュリティシステムを通して、バカほど長い行列に並ぶので、まさかサウナのような汗をかいてしまします。あなたがそれをやっと通ったら、快適な座席で座れることはほとんどありません。搭乗ゲートの辺では大変熱く、汚れていて混雑している状況をし、トイレの席は頻繁に壊れています。しかし、南スーダンは今のところもっと大きな懸念を抱いています。

 

3. Port Harcourt International Airport, Nigeria (PHC)

国際空港ではテント内に乗客が受け入れ られます。それは恥です。 また、国内の待合スペースは大変狭く、椅子が足りません。 - 調査回答者

 

昨年のタイトル「世界最悪の空港」の優勝者は、今年はちょっと頑張ったみたいです。あらゆる種類の世界クラスの経験を提供することはまだまだ遠いですが、ここで時間を潰すのは、少なくともジッダ空港よりましです。

 

それでも、到着ホールが実際にはトイレや空調設備が不足しているテントであることを分かると、PHC空港での失望が始まります。スーツケースを取るのは、コンベアベルトがない為、楽勝ではありません。こ貴重品を手元に残しておいた方がいいと思います。

 

これだけではなく、不潔な床、巨大な待ち行列、賄賂を求めるスタッフも全部存在し、最悪の空港です。

 

 


 

4. Tashkent International Airport, Uzbekistan (TAS)

 
機からパスポートコントロールに行った混雑したバスから出た時に、人々が私を押して、私は落ちました。床にいる間、いくつかの地元の乗客が私の上を歩いた。 - 調査回答者 
 
今年、タシケントは世界で4番目に最悪の空港、そしてアジアでは最悪の空港というタイトルを獲得しました。
 
中央アジアの主要空港として、ここを訪れる旅行者は、通る必要がある多数のチェックポイントによって最もイライラ出来る空港。
 
さらに悪いことに、これらのラインナップはセキュリティを強化するために配置されているが、通るのを待っている頑強なやつらがいっぱいいて、結局に逆に安全策とは全く言えません。
 
やっと搭乗ゲートに着いても、良いことがありません。利用可能な椅子は古くて特に硬くて、ありえないほど不足しています。
 
ここの唯一の恩恵は、空港線のサービスと施設です:無料の無線LANです。電子機器を持ってきて、これだけにフォーカスして...それは頭がおかしくならない最も効果的な対策です。
 

5. Santorini Thira National Airport, Greece (JTR)

 
まずは、熱気の中で3本の列うちの1本てま待たなければなりません。どのラインが結局に正しいかかは教えてくれる人はいませんので、1時間待ってから正しい列を選んだのを祈るしかありません。 - 調査回答者
 
サントリーニ空港は世界の最悪の空港のリストを広げて、ヨーロッパからの代表として5位にランクインしています。
 
旅行者は、JTR空港の大きな問題は人が多すぎて行列が長すぎます。この空港に到着すると、ギリシャの暑い太陽の下で待たなければなりません。ターミナルや発券カウンターにアクセスするだけです!
 
チェックインとセキュリティのところがやっと終わりましたら、エアコンなしの小さな部屋で待つことになります。大量の旅行者がいる為、待機エリアは熱く、混雑して汚いことがよくあります。トイレは清潔さがあまりなく、アナウンスは事実上解読不可能です。
 
ここに長時間滞在したことがある場合は、自分の軽食を持って屋外テラスで時間を潰す価値があります。さもなければ、ここのあなたの時間はかなり耐えられないでしょう。
 

【スポンサーリンク】
 

 

6. Chania International Airport, Greece (CHQ)

搭乗券を手に入れ為に1時間並ばなければなりませんでした。荷物を預ける為に20分、最後にセキュリティチェックの為に更に15分待っていました。 - 調査回答者

 

次に世界的に最悪の空港リストにギリシャ代表するのは、ぼろぼろしたチャニア国際空港です。長い行とカオス的なセキュリティプロセスは、空港に到着したらすぐに旅行者を待っています。

 

エアサイドに入っても、この空港の体験は良くなるのを期待しない方が良いでしょう。通常の価格の5倍で微妙なサンドウィッチを販売している1つのフォードスタンドでは、ご飯を買うような気持ちがでません。

 

椅子の数もごく限られているので、おそらく壁に腰掛けたり、あまり綺麗ではない床に座ったりすることになると思います。現地の気温が30度を上回ることが多いので、エアコンが不足している為、ここで長い時間を過ごす人にとっては状況が更に悪化するだけです。

 

7. Crete Heraklion International Airport, Greece (HER)

アドバイス:この空港を壊して、どこか新しい空港を建設してください。 この空港を綺麗にすることは不可能です。 - 調査回答者

 

ギリシャのクレタ島にあるイラクリオン国際空港は、長い列、混雑したゲート、エアコンがない為、世界で7番目に最悪の空港となっています。2つのレストランしかなく、1つでの莫大な食料価格があり、手洗いは申し訳ない状態となっており、汗をかいて疲れすぎて読者からの報告。

 

残念ながら、スタッフはこれらの不満を和らげる為に何もしません。

 

旅行者は不快な椅子について不満を持つほど貧しいカスタマーサービスについて怒りを覚えます。綺麗な島なのに、こんな空港で旅行を終わらせるのは悲しいです。

 

8. Caracas Simón Bolívar International Airport, Venezuela (CCS)

かつては北米南米地域の最高の空港の1つでした。 それから、全国的な腐敗の疫病が引き継がれ、気づいたら一番暗い淵の底まで沈んだ空港です。 - 調査回答者

 

ベネズエラのカラカス国際空港は、ギリシャの空港から休憩するのを手助けしています。旅行者は、この空港が近代化を一切していなくて、熱く、混沌とした、椅子のない環境の中で自分自身を守って生き残るしかありません。

 

残念ながら、ここの手洗い所では水が不足し、トイレットペーパーがなく、清潔もありません。ターミナルで荷物の安全性は別の大きな苦情であり、ほとんどの旅行者は未包装のバッグが泥棒招くにを警告しています。

 

恐ろしいロジスティクスと長い列が大変いやな環境を作れ、ここでは少なくとも5時間のレイオオーバーをお勧めします。

 

9. London Luton International Airport, England (LTN)

飛行機から降りて空港から出るまでの経験は実際のフライト時間よりも長いという皮肉について考えてみてください。 - 調査回答者

 

ロンドンルートンで空港での生活は、一連の改修の結果、今年はかなり悪化しました。この建設により、すでに小さな空港はほとんど管理できないほどの大きさに縮小されました。

 

 ほとんどの読者は長い列で並ぶ時に大部分の時間を費やしていました。そして、一度ゲートに通っても座席で報われませんでした。ルートン空空が「人道災害の余波」のように見えるという声明は、少し厳しいかもしれないが、手洗い所と床の清潔さは、ターミナルに何の恩恵も与えない。

 

しかし、本当に最悪なのは、ターミナルの近くのドロップオフ、スーツケースの重量を測る、液体用のビニール袋を測るなど、本当に全部が有料です!改装が完了したら、LTN空港は旅行者にとってより快適な場所になることを祈るしかありません。

 

10. Kathmandu Tribhuvan International Airport, Nepal (KTM)

 私の最も暗い思い出は、この空港のトイレを使った時です。 - 調査回答者

 

カトマンズ国際空港は苦戦を続けていますが、2015年にネパールで起こった荒廃を覚えることが重要だと思います。それ以来、国際ターミナルには小さな改良が施されています。 しかし、もし国内を旅しているなら、群衆と混乱の準備をしてください。

 

ターミナルは特に汚れていて、トイレは臭いと言われ、絶対に必要になるまで避けた方が良いみたいです。食事の選択は全然足りないし、スタッフは役に立ちません。

長い列と複数の迷惑なチェックポイントもたくさんあり、旅行者は不満を持つのは当然です。

 

関連記事

 

【スポンサーリンク】